まいづるカードスタート決定

まいづるカード会

(宮崎県児湯郡高鍋町)

 

「歴史と文教の町」高鍋町で平成12年4月1日にまいづるカードがスタートすることになりました

・・・・・・・・・・ごあいさつ・・・・・・・・・・

まいづるカード準備委員会
委員長 金田 佳成  

 各商店の活性化と販売促進の手段として、お客様との緊密な連携を強め、新しい魅力あるサービスをすることによって、高鍋町へ、お客様を呼び込み、町の活性化を図りたいとするものです。皆様方の積極的な参加とご協力をお願いいたします。

(『加盟店 入会ご案内』より)

 

 カード会名  まいづるカード会 
 住    所  宮崎県児湯郡高鍋町
 カード名  まいづるカード
 スタート予定日  平成12年4月1日 
 高鍋町人口 22,886人 (平成7年国勢調査確定人口) 

                           2000年2月現在

 

★高鍋町★   

高鍋町は古くから城下町として栄えた歴史と文教の町です。

町内にはまいづる公園などその面影を残す物が多く残されています。また、5〜6世紀に建造された持田古墳群など古代の貴重な遺跡も数多く現存しています。

宮崎県のほぼ中央部に位置し、北は川南町、西は西都市および木城町、南は新富町、東は日向灘に隣接しています。 面積は県内で一番小さな町ですが、町内には1級河川の小丸川が流れ日向灘にそそいでいます。 その日向灘には毎年初夏にかけて150頭以上のアカウミガメが産卵の為に上陸し、その産卵の光景は感動的なものであります。アカウミガメとその産卵地は、県の天然記念物に指定されております。

   

★まいづるカード★   

カード名は一般公募からたくさんの応募があり、その中から選定されました。

 

 「まいづる」の由来は・・・? 町の西方の丘陵に築かれた高鍋城は、まわりの地形が羽ばたく鶴に似ていることから別名「舞鶴城」と呼ばれました。今では約750メートルにおよぶ堀が残り、舞鶴公園と呼ばれ、町民の憩いの場、静かな散策路として広く親しまれています。  毎年3月下旬から4月上旬にかけては1000本のサクラと2000本のツツジが満開になり、桜祭りで賑わいます。


★加盟店入会のご案内★  

   


に戻る

戻る