縄文きずなカード

協同組合情報タウンこくぶ

 

 鹿児島県国分市ではこくぶくんカードがリニューアルされ「縄文きずなカード」としてスタートしました。
98年4月に行われた地域情報化フォーラムから組合設立、通産省への補助金申請など様々なご苦労が実を結んで98年12月にカードサービスがスタートとなりました。

 組 合 名  協同組合 情報タウンこくぶ
 住    所  鹿児島県国分市中央
 カ ー ド 名  縄文きずなカード
 スタート日  平成10年11月24日 
 加盟店数  154店舗
 端末機  191台/オンラインシステム DA−3350 
 初回カード枚数   30,000枚/ICアイメッセカード
 国分市人口  50,045人 (平成7年国勢調査確定人口) 
                                   99’8月現在


★上野原遺跡   

 標高250メートル、周辺のどこからでも望める上野原台地を9500年も昔の人々が定住地とした。火山灰の堆積で正確に割り出されたこの年代が、縄文文化の発祥の定説、縄文土器の特徴、想像以上に文化的な縄文人の生活ぶりなど、教科書の常識を覆し、発表以来、古代人の生活への様々な興味をかきたてている。

    


★カードデザイン

ポイントカードのデザインは上野原遺跡にちなんで縄文人のキャラクターです。

  


★カードインフォメーション

ポイントカードの申込みの様子です。

 


に戻る

に戻る